むくみとセルライトの関係について紹介。むくみ症状はセルライトができる予兆でもありますので軽視してはいけません。

むくみが起きているということはセルライト予備軍!

むくみは下半身の巡りの悪さからきます。リンパや血液。老廃物。水分といったものが溜まることで下半身がパンパンになってしまいます。循環が悪いことを意味していますので、当然、脂肪も溜まりやすくなります。女性は上半身よりも下半身に脂肪が溜まりやすい体の構造をしていますのでお尻や太ももといった部分にセルライトができやすいです。

つまりむくみができだした初期の段階でしっかりとケアをすることによってセルライトの予防を防ぐことも可能。体の循環を整えることで生理的な浮腫みであれば解消されやすい傾向にありますので不快感がある方はすぐにでも脚のむくみケアを始めるようにしましょう。

一度脂肪がついてしまうと簡単なダイエットでも落とせなくなってしまいます。下半身の脂肪は上半身と違い、時間と労力がかかる部分なのです。


むくみが起きたら自己ケアに取り入れたい3つのこと

ミネラル成分を摂取する

体に必須なミネラルの働きは体内の水分を調整する働きがあります。生活に問題はないけどなぜかむくみやすい方はこのミネラル成分が不足している可能性もあります。野菜やフルーツを中心に摂取することができますので意識するようにしましょう。

簡単な運動をしてみる

運動不足は巡りを停滞させてしまいます。運動することで体の代謝機能をよくすれば循環もよくなり溜まっていた老廃物も循環されて排泄されやすくなります。あとは基礎代謝をあげることもできますのでダイエット効果もバッチリですね。

十分な睡眠をとる

睡眠中は成長ホルモンが分泌されて体の修復をしてくれる大切な時間帯でもあります。睡眠不足が続くと調子も悪くなりますし、体も冷えやすくなります。むくみ解消には心臓の位置よりも脚を高く上げると良いので工夫して寝てみてください。翌朝にはスッキリして脚が軽くなっています。

サイトマップ|運営情報
Copyright(c) 2013 むくみエステ《元ダイエットトレーナーも満足のエステ厳選》 All Rights Reserved.